糖尿病改善に食事療法が重要な理由とは?

糖尿病治療のを改善するにあたって
もっとも効果的なことは「食生活の改善」です。

 

1日当たり、摂取していい適正なカロリー量を
3食に分けてバランスよく取り入れていくことがとても大切です。

 

カロリーについても 単に決められた量を摂ればいいというものではなく、
栄養のバランスも充分に考慮したうえでメニューを考える必要があります。

 

食事バランス

 

食事療法は糖尿病の治療においてもっとも重要で効果的です。

 

食事を改善するだけで、
短期間で糖尿病から解放されたという例も少なくないといいます。

 

では、なぜそれほどまでに糖尿病の改善に
食事が重要な役割を果たしているのかお伝えしていきます。

 

第一の理由は、
インスリンの分泌量が食事の量に大きく影響されるという点にあります。

 

糖尿病の患者はインスリンのはたらきが悪くなっているので、
食事の量を多く摂りすぎてしまうと、さらにインスリンのはたらきが悪くなり
血糖値を上げる原因になってしまうのです。

 

膵臓が血糖値の高い状態で長期間放置されることは、非常に危険なことです。

 

次第に膵臓が正常にインスリンを分泌ですることができなくなり、
いずれは完全にインスリンの分泌を出来なくなってしまうからです。

 

ですから、糖尿病の食事療法で最初に必要なことは、
足らなくなっているインスリンの量に見合った食事の量にコントロールすることです。

 

こうすれば、食べたものから摂取したブドウ糖を、
インスリンが効率よくエネルギーとして活用することができるようになります。

 

ブドウ糖とインスリン

 

血糖値をおさえることで膵臓の負担を軽くしてあげれば、
膵臓は再び元気を取り戻して十分に機能してくれるようになるはずです。

 

糖尿病になっても食事療法にきちんと取り組んでいけば、
合併症の恐怖を遠ざけることができますし、
日常生活を大きく変えることなく生活していくこともできます。

 

また、投薬やインスリン注射を受けている方でも食事療法を併用すれば、
治療効果は間違いなくアップすると言われています。

 

つまり、糖尿病の改善にとって食事療法は非常に重要で
藤城式のような食事法をしっかりと実践すれば
とても効果が出やすいといえるんですね。

 

 

公式サイト⇒ 【糖尿病】食事だけで血糖値を下げる藤城式糖尿病改善食事法